施術の種類

シミやシワ、たるみ、ほうれい線、等々…。
加齢とともに増える顔やお肌の悩み。

そんなお悩みを解消する若返り治療は、一般的に大きく以下の4つの種類に分けられます。

1.切開による施術
2.によって皮膚を引き上げる施術
3.超音波や高周波、レーザーといった照射系の施術
4.ボトックスやヒアルロン酸などの注射系の施術

以下、それぞれにおいて代表的な治療法を紹介します。


1.切開による施術

【フェイスリフト】
<部位による分類>

 ・顔の下1/3を主にリフトアップするフェイスリフト
 ・顔の上1/3を主にリフトアップする前額リフト
 ・中顔面あたりをリフトアップするミッドフェイスリフト

<施術法の種類>
 ・SMAS法
  皮下脂肪下の筋膜組織(SMAS:表情性筋膜)を引き上げることで、たるみを改善する方法です。
  耳のつけ根を切開してSMASと皮膚を引きあげ、固定。その後余分な皮膚を切除し、縫い合わせるというのが
  一般的なやり方です。
  SMASごと引きあげることによって、高いリフトアップ効果が得られるとともに、持続性もあります。

 ・リガメント法
  顔の皮膚を骨に固定する繊維組織が「リガメント(靭帯)」。
  リガメント法では、これを切断し、顔の皮膚やSMASを引きあげやすくして、処置を行います。
  引きあげた後は、リガメントを支えとして皮膚、SMASを固定します。
  従来のフェイスリフトに比べて、さらに高い持続性と効果が期待できるほか、傷痕も目立ちにくいのが特徴です。
  切開術のリスクとしてよく言われる、耳の変形も比較的起こりにくいとされます。


2.によって皮膚を引き上げる施術

【フェザーリフト】
ポリプロピレン製の特殊な極細糸を皮膚に埋め込んでリフトアップし、若返り効果を得る方法です。
切開するわけではないので、手術によるリフトよりも手軽で跡も目立ちません。

【スプリングスレッドリフト】
「スプリングスレッド」という1cmにつき24コの突起が付いた特殊な糸を皮膚に挿入します。
伸縮性があり、高いリフトアップ効果と持続性があります。

【シルエットリフト】
円錐形の「コーン」が付いた糸を使い、皮下組織をそのコーンに引っかけてリフトアップ効果を図ります。
コラーゲンが生成されて肌にハリが生まれます。

【リードファインリフト】
突起物のない、極細の糸を使用。
リフトアップ効果があり、ダウンタイムやアレルギーなどによるトラブルが少ない施術法です。

【ショッピングスレッドリフト】
リードファインリフト、ウルトラVリフトとも呼ばれています。
溶ける糸を使うため、ヨレやひきつれのない、自然な仕上がりになります。

【金の糸(ゴールデンリフト)】
特殊な純金の糸を皮膚に挿入。20~30年経っても若々しい肌を保ちます。

【フェザーリフト】
施術には、ポリプロピレン製の極細糸を使用。ダウンタイムが少なく、肌に弾力を与えます。


3.超音波や高周波、レーザーといった照射系の施術

【サーマクール】
高周波の照射によって肌の奥にあるコラーゲンに働きかけ、お肌を引き締め、若返り効果を得ることが出来ます。
効果がピークになるまで3カ月から半年ほどか かり、持続的な若返り効果を期待するなら定期的な照射が必要です。
お肌を傷つける心配がないという点が大きなメリットと言えます。

【ポラリス】
直接真皮層に作用してコラーゲン増殖を促進し、リフトアップへ働きかけます。
高周波のみのサーマクールに対し、ポラリスは高周波+ダイオードレーザーの組み合わせで治療を行ないます。
より即効性があり、痛みが少ないのがポイント。処置当日にメイクをして帰ることもできます。
ポラリスはたるみ・シワを改善させるほか、ニキビやニキビ跡の改善、また毛穴の引き締め効果も期待できます。

【フォトRF】
高周波と光治療の組み合わせによる治療。レーザーと違って痛みがなく、顔全体に処置を行えます。
高周波によってエラスチン、コラーゲンの増殖を促進してたるみ・シワに作用するとともに、光治療により毛穴の引き締めやメラニン排出効果も発揮します。
そのため、ニキビやシミ・そばかす、くすみ、赤ら顔といった悩みにも有効です。
1回の処置で効果があるわけではなく、数回~十数回の処置により効果が現れてきます。

【タイタン】
FDA(米国食品医薬品局)に公認されている医療機器。
赤外線領域の特殊な光の熱エネルギーを使い、皮膚の真皮層から治癒を促します。
コラ-ゲンを増殖する効果があり、肌にハリを与えてたるみ・シワを改善してくれます。
リフトアップ効果は、1回の照射で約半年間程度とされていますが、効果の安定のためには数回繰り返すのがおすすめです。

【ウルセラ】
超音波の熱エネルギーによってたるみを改善させる施術法。
皮膚を支える土台であるSMAS(表在性筋膜)を引き締め、肌をリフトアップします。
肌の表面を傷つけることなく、皮下にのみ熱エネル ギーを届けます。
施術は約30~40分で終了し、術後すぐにメイクが可能。
リフトアップ効果は、約1~2ヶ月掛けて徐々に現れ、約半年~1年持続します。


4.ボトックスやヒアルロン酸などの注射系の施術

【ボトックス注射】
ボツリヌス菌を治療用に無毒化した成分を用い、筋肉の動きを弱めることによって、表情じわを軽減します。
額や眉間、目じりのシワに効果的です。
副作用の心配はありませんが、薬を併用している場合は種類によっては施術できない場合もあるので、きちんと相談しましょう。
半年から8カ月程度で体内に吸収されるので、持続的な若返り効果を望む場合は定期的な注入が必要です。

【ヒアルロン酸注射】
ヒアルロン酸は、元々人の体内に多く存在している、肌のハリや弾力を保つ成分です。
これが加齢とともに減少してしまうことで、シワ形成の一因となります。
ヒアルロン酸注射は、ヒアルロン酸を肌に注入することによって、肌のシワを押し上げて解消します。
どんな部分のシワにも効果的ですが、ヒアルロン酸も半年から8カ月程度で体内に吸収 されるので、若返り効果を保つためには定期的に施術を受ける必要があります。

【脂肪注入】
自分の太ももやお腹などに付いた余分な脂肪を採取し、顔の気になる凹み部分に注入する方法です。
自分の脂肪を使うためアレルギー反応や拒絶反応もなく、定着率も良いため安全性が高いと言われています。
コメカミや頬、目の周り、輪郭のくぼみ部分などに注入することで、ふくよかで若々しい、やさしい印象の表情をつくることができます。

【PRP皮膚再生医療】
体内の血液を採取し、そこに含まれる高濃度のPRP(血小板血漿)を抽出して、たるみやシワなどに注入する方法です。
血小板の中にある様々な成長因子が、皮膚細胞のコラーゲンやヒアルロン酸を増やしてシワを解消し、ハリやツヤのある肌に導いてくれます。
特にたるみやにきび跡、目元のシワに効果があるとされています。効果は約1年以上続きますが、年齢や体質などによって個人差があります。

 

 

これらの施術は、対象部位、範囲、深さなど、バリエーションは多岐に渡り、一概にどの治療法が良いとは言えません。
人それぞれの希望や状態などによって最適な治療は異なるので、医師とよく相談してから決めるようにしましょう。

 

二重LP

サーマクール

川崎中央クリニック 切らないエイジングケア治療